普天間 直美

情報セキュリティコンサルタント 普天間 直美

経歴

1980年沖縄県生まれ。私立興南高校卒業後、四国の4年制大学へ進学。

大学では、主にマスコミュニケーション、異文化コミュニケーションについて学んでいたが、パソコン検定を受けたことをきっかけにパソコンを使う仕事に興味をもつ。大学卒業後、株式会社OCCに入社。自治体システムの保守・開発・運用、新規導入に携わる。

一般財団法人沖縄県健康づくり財団(電算室)にて住民検診・職域検診の結果表作成業務を経験した後は、沖縄テクノス株式会社に入社し、SAPシステムのアドオン開発に携わるかたわら、県の支援事業(沖縄県ソフトウェア信頼性確保支援事業)の1つとしてセキュリティコンサルタントを担当した。


プライバシー、企業情報、マイナンバーと保護すべき情報が増えてきている昨今、特に企業では、それらの情報を統括的に保護し、運用していくことが求められていることから、会社に見合った方法かつ効率よく業務に結び付いた情報セキュリティ体制を構築できるようサポートをおこなう。
また、コミュニケーションを取りながら企業の情報セキュリティ体制構築を支援し、多くの気づきを提供できるよう心がけている。

メッセージ

ISMSの新規取得企業様がよく口をそろえておっしゃるのが、「実際の審査を受けてようやくISMSを理解できます」ということです。

構築段階でも、ヒアリングしながら社内文書を作成し、文書に合わせて運用をおこなうという審査に向けた準備はおこないますが、その際は「やらなくちゃいけない!」という責任感に突き動かされているため、ようやく審査の時に第三者の目線(審査員)から説明を受け、「そういうことか!」と気づかされるそうです。

ISMSを取得するというのは、目に見えてすぐ情報セキュリティ体制の構築・運用をおこなっている実感があるわけでも、企業の業績が伸びるわけでもありません。しかし、毎年審査をおこなうにつれ、皆さんの情報セキュリティに関する知識と技量が高まり、より良い情報セキュリティ体制を構築していく姿を拝見できるのは、コンサルティングをおこなう立場の私にとっては本当に嬉しいことです。

パソコンを利用するのが当然という昨今、それに合わせてクラウド・AIという新たな環境の発達が進んできております。時代の環境や会社の環境に合わせたベストなセキュリティの体制を構築し、運用していくにはどうすれば良いのかということを、お客様とコミュニケーションを取り、案を出し合う中で一緒に考え、より良い情報セキュリティ体制構築のお手伝いをいたします。

ISMS/ISO27001新規取得に関する無料相談・お見積り

ISMS取得できるのか?いつまでに取れそうか?どれくらいの費用がかかるのか?
取得される会社の状況によって変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。

ISMS/ISO27001認証取得コンサルティングへのお問い合わせはTEL:0120-979-873 お電話でのお問い合わせ(受付時間)平日9:00~18:00

ページの先頭へ戻る