吉村 健

情報セキュリティコンサルタント 吉村健

経歴

大阪府生まれ。立命館大学卒。
大学卒業後、大手自動車メーカーに就職。 事業活動における基礎を学びその後は一貫して情報セキュリティ構築に関わる事業に携わる。
プライバシーマーク認証取得コンサルティング、ISO27001認証取得コンサルティング及び、情報管理におけるセキュリティポリシー策定、業務フローの効率化のコンサルティングを専門に実施。
中小零細から一部上場企業まで、これまで情報セキュリティ構築に関わった企業は250社以上に及ぶ。

徹底した合理化思考と物事の本質を見極めることでその企業にとって最も重要なポイントを適切に押さえ、導入企業へ過度な業務負担を強いらない形でのコンサルティングを行うだけではなく、これまでの多種多様な業界での実績、法律・会計学の知識を活かし、情報セキュリティだけに止まらない、事業活動全般へのサポートで多数の引き合いを頂く。

メッセージ

クラウドサービスという言葉が世間でも次第に浸透し、現在は一般消費者の生活にも溶け込みつつあります。
しかし、「上手く言えないけれど、クラウドってどこかしら不安を感じる・・・」「便利だからクラウドサービスを使っているけれど、仕組みがいまいちよく分からない」という漠然とした思いを感じている消費者も少なからず存在します。

ビジネスでも、大企業、新興企業を問わず、様々な会社が新たなクラウドサービスを開発しており、クラウドサービスの利用企業にとっては一見してそれらの区別が難しい状況です。
多種多様なサービス、似たようなサービスがある中で、それらを選択する基準の一つに挙げられるのは、「セキュリティ対策の実施状況」です。

特に、クラウドサービスの利用にあたっては、自社や自身の大事な情報を、クラウドサービスの運営企業に渡す・預けることが必要になります。
つまり、ビジネスユース、個人ユースのいずれであっても、利用者側は「自身の情報が確かに守られるか?適切に扱われるか?」というポイントを確認し、運営者側は「利用者の情報を保護し、適切に扱えているか?また、それをしっかりと認知してもらえているか?」というポイントを徹底することが必要不可欠になります。

それは言い換えれば、情報セキュリティ対策への投資やその普及活動が、サービス自体のマーケティング戦略に大きく影響することを意味します。

ISO27017は、クラウドセキュリティに関する第三者認証制度です。
クラウドサービスを展開する事業者にとっては、自社が開発・運用しているクラウドサービスが安心なサービスであることを利用者へアピールし、かつ、似たようなクラウドサービスを展開している事業者に対して差別化を図る有効な武器になります。

自社の基準のみでセキュリティ対策が実施できていることを宣言するだけではなく、グローバルな基準に則り、客観的な視点で認証を取得することで、クラウドやIT、システムの知識に乏しい利用者に対しても、自社のクラウドサービスが安心・安全であることをPR可能です。
そして、そのPR自体が新たな利用者を呼び込み、事業の拡大に繋がっていきます。

私は、基準に適合させて認証を取得するだけの机上論ではない、お客様のクラウドサービスにおける実質的なセキュリティレベル向上に向けた取り組みをご支援し、ひいてはそれがお客様の事業拡大にも寄与し得るような、「意味のあるコンサルティング」の実現に取り組んでまいります。

コンサルタント実績

  • 通信販売会社
  • 人材派遣会社
  • 産業廃棄物会社
  • 学校法人
  • 老人介護施設
  • 受注代行会社
  • 転職支援会社
  • ビルメンテナンス会社
  • 印刷会社
  • 運送会社
  • 通信事業会社
  • 3PL事業会社
  • イベント企画会社
  • 信用金庫
  • 飲料水メーカー
  • 道路補修会社
  • 農業協同組合
  • CRO事業会社
  • メディア広告会社
  • ソーシャルメディア事業会社
  • コールセンター事業会社
  • ポータルサイト運営会社
  • 給与アウトソーサー会社
  • システム開発会社
  • システムインテグレータ
  • データエントリー会社
  • 産業機械メーカー

ISMS/ISO27001新規取得に関する無料相談・お見積り

ISO27017/ISO27018を取得できるのか?いつまでに取れそうか?どれくらいの費用がかかるのか?
取得される企業様の状況によって変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。
ISO27017認証取得コンサルティングへのお問い合わせはTEL:0120-979-873 お電話でのお問い合わせ(受付時間)平日9:00~18:00

ページの先頭へ戻る