このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

USBメモリはCD-RやDVD-Rよりも持ち運びに優れており、大量のデータを保存することが出来ることなどから、多くの方が一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

そんな便利な部分があるUSBメモリですが、その一方でセキュリティの観点では様々な危険性があり、多くの企業ではUSBメモリを使用することを禁止している場合も多いのが現状です。

では、USBメモリを利用することにより生じる危険とは、一体どのようなことなのでしょうか。

USBメモリの危険性 その1~ウイルス感染~

USBメモリ内部にウイルスが潜んでいることに気づかず、何気なくPCに差し込んだとしたら、どうでしょう。

PCがウイルス感染し、PC内の情報が破壊されたり、情報が損失したり、システム制御ができなくなったり、気づかない間に第三者に情報が漏えいしたりといった危険性があります。

また、USBメモリを利用するPCを限定していたとしても、同じネットワーク環境下のPCに影響を及ぼす可能性が考えられます。

特に注意しなければいけないケースでは、情報セキュリティ会社や国、自治体から渡されたUSBメモリを使用する場面です。

それらの企業や団体に対しては無条件に安心感を抱いている方が多いため、渡されたUSBメモリは安全だと認識し、確認を経ずに使用した結果ウイルスに感染してしまったというような事例が見られますので、注意が必要です。

USBメモリの危険性 その2~紛失、盗難~

USBメモリは片手に収まるほど小さいものです。その為、紛失や盗難が起きやすいものだとされています。

USBメモリにはパスワードをかけることが出来るものがあり、パスワードを一定回数間違えてしまうと、自動で中身が削除されるといった機能を持つものもあります。

しかし、そういった機能を持つUSBメモリは高価な物が多く、おそらく使用する多くの方はパスワード機能がない物を使用するだろうと思います。

もし、第三者の手に個人情報や企業情報が渡り悪用されてしまうと、企業には事後処理や賠償金、信頼の失墜など、様々な部分で多大な損害が及びます。

そのため、多少高価であるとはいえど、情報を保護するためには、パスワード機能やデータ削除機能のあるUSBメモリを購入したり、そもそもUSBメモリではなくクラウドサービスを利用するなどという投資をおこなった方が良いのではないでしょうか。

訪問回数制限なしでサポートします。ISMS/ISO27001の認証取得をお考えの方はこちら訪問回数制限なしでサポートします。ISMS/ISO27001の認証取得をお考えの方はこちら 情報セキュリティに関する最新情報を随時配信中。最新トピックやよくある事故事例など、役立つ情報が満載です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
カテゴリー: 情報セキュリティ

USBメモリを利用する際に気をつけてほしい2つの”危険性”

USBメモリはCD-RやDVD-Rよりも持ち運びに優れており、大量のデータを保存することが出来ることなどから、多くの方が一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

そんな便利な部分があるUSBメモリですが、その一方でセキュリティの観点では様々な危険性があり、多くの企業ではUSBメモリを使用することを禁止している場合も多いのが現状です。

では、USBメモリを利用することにより生じる危険とは、一体どのようなことなのでしょうか。

USBメモリの危険性 その1~ウイルス感染~

USBメモリ内部にウイルスが潜んでいることに気づかず、何気なくPCに差し込んだとしたら、どうでしょう。

PCがウイルス感染し、PC内の情報が破壊されたり、情報が損失したり、システム制御ができなくなったり、気づかない間に第三者に情報が漏えいしたりといった危険性があります。

また、USBメモリを利用するPCを限定していたとしても、同じネットワーク環境下のPCに影響を及ぼす可能性が考えられます。

特に注意しなければいけないケースでは、情報セキュリティ会社や国、自治体から渡されたUSBメモリを使用する場面です。

それらの企業や団体に対しては無条件に安心感を抱いている方が多いため、渡されたUSBメモリは安全だと認識し、確認を経ずに使用した結果ウイルスに感染してしまったというような事例が見られますので、注意が必要です。

USBメモリの危険性 その2~紛失、盗難~

USBメモリは片手に収まるほど小さいものです。その為、紛失や盗難が起きやすいものだとされています。

USBメモリにはパスワードをかけることが出来るものがあり、パスワードを一定回数間違えてしまうと、自動で中身が削除されるといった機能を持つものもあります。

しかし、そういった機能を持つUSBメモリは高価な物が多く、おそらく使用する多くの方はパスワード機能がない物を使用するだろうと思います。

もし、第三者の手に個人情報や企業情報が渡り悪用されてしまうと、企業には事後処理や賠償金、信頼の失墜など、様々な部分で多大な損害が及びます。

そのため、多少高価であるとはいえど、情報を保護するためには、パスワード機能やデータ削除機能のあるUSBメモリを購入したり、そもそもUSBメモリではなくクラウドサービスを利用するなどという投資をおこなった方が良いのではないでしょうか。

Author: 平山 倫太郎
  • はてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
  • google+に追加
  • LINEでシェアする

訪問回数制限なしでサポートします。ISMS/ISO27001の認証取得をお考えの方はこちら

情報セキュリティに関する最新情報を随時配信中。メールマガジン登録(無料)