「クラウド」という言葉が一般的になって久しいですが、いざ「クラウドって何?」「オンプレミスとは何が違うの?」と聞かれると、なかなか答えに困窮することがあります。

私もその一人で、「クラウド(クラウドコンピューティング)の定義を述べよ」と言われても少し困ってしまうので、今回は、いろんな組織が発行しているドキュメントから、「クラウドコンピューティング」の定義を抜粋してみました。

経済産業省のドキュメントの場合

まずは、経済産業省が発行しているドキュメントの定義です。

クラウドコンピューティング

共有化されたコンピュータリソース(サーバ、ストレージ、アプリケーションなど)について、利用者の要求に応じて適宜・適切に配分し、ネットワークを通じて提供することを可能とする情報処理形態

経済産業省(2013) クラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドライン

「共有されたリソース」「利用者の要求に応じて」という2つのクラウドの特徴が読み取れます。また、共有されるリソースについても、サーバやアプリケーションなどという例示を行っています。

暗にIaaSやSaaSといった、クラウドコンピューティングにもカテゴリがあることを示唆しているのかもしれないですね。

総務省のドキュメントの場合

続いては総務省のドキュメントを見てみましょう。

クラウドコンピューティング

利用者による共有が可能であり、利用者の要求に応じたセルフサービス提供と管理の機能を併せ持つ、拡張性と弾力性に富んだ物理又は仮想資源のプールに、ネットワークを通じてアクセスすることを可能にする情報処理形態

総務省(2014) クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン

先ほどの経済産業省の定義では「共有されたコンピュータリソース」という書き方が使われていましたが、こちらの定義では「共有が可能」という、やや広い表現となっています。

最後の「ネットワークを通じてアクセスが可能」というのは、経産省の定義と共通しています。

ぶっちゃけて言うと、「プール」や「拡張性や弾力性」などといった日常では利用しない単語が含まれており、正直わかりにくいです。

これは予想ですが、おそらくクラウドコンピューティングに関する国際規格であるISO/IEC 17788を参考にしたのではないかと思います。

ISO/IEC 17788の場合

ちなみにISO/IEC 17788におけるクラウドコンピューティングの定義は以下のようになっています。

「拡張性や弾力性」とは、scalable and elasticという意味だったのですね。

cloud computing

Paradigm for enabling network access to a scalable and elastic pool of shareable physical or virtual resources with self-service provisioning and administration on-demand.

NOTE – Examples of resources include servers, operating systems, networks, software, applications, and storage equipment.

ちなみに、この国際規格であるISO/IEC 17788は、JISによって日本語規格化されています。

それがJIS X 9401です。単純に日本語翻訳版だと思ってもらっても大丈夫でしょう。

JIS X 9401の場合

JIS X 9401には、クラウドコンピューティングの定義は以下のようになっています。

クラウドコンピューティング

セルフサービスのプロビジョニング及びオンデマンド管理を備える、スケーラブルで伸縮自在な共有できる物理的又は仮想的なリソース共用へのネットワークアクセスを可能にするパラダイム。
注記 リソースの例には、サーバ、OS、ネットワーク、ソフトウェア、アプリケーション及びストレージが含まれる。

JIS X 9401:2016 情報技術―クラウドコンピューティング―概要及び用語

総務省のお硬い日本語よりかは、少しわかったような気にならなくもない…という感じですかね。

ちなみに、クラウドの世界で言う「プロビジョニング」とは、サーバやメモリのサイズなど、自分が使える容量や能力を確保する事を言います。

つまり、「セルフサービスのプロビジョニング及びオンデマンド管理を備える」とは、誤解を恐れずにシンプルに言うと、自分たちでサーバのスペックや容量を設定・確保でき、需要に応じてその管理ができる、というニュアンスです。

アメリカ国立標準技術研究所のドキュメントの場合

最後に、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)におけるクラウドコンピューティングの定義を紹介します。

NISTは、そのものズバリ「The NIST Definition of Cloud Computing(NIST によるクラウドコンピューティングの定義)」というドキュメントを発行しています。本文部分は3ページぐらいの短い文書ですが、クラウドコンピューティングの特徴が簡潔にまとめられています。

もちろん英語の文書なのですが、幸いなことに、日本の情報処理推進機構(IPA)が日本語翻訳版を発行しています。

そちらの文書から、一部抜粋したものが以下になります。

クラウドコンピューティングは、共用の構成可能なコンピューティングリソース(ネットワーク、サーバー、ストレージ、アプリケーション、サービス)の集積に、どこからでも、簡便に、必要に応じて、ネットワーク経由でアクセスすることを可能とするモデルであり、最小限の利用手続きまたはサービスプロバイダとのやりとりで速やかに割当てられ提供されるものである。

IPA(2011) NISTによるクラウドコンピューティングの定義

前半部分は、今まで紹介してきた定義と似ていますが、特徴的なのが後半です。

同様の文書の中には「各サービスの提供者と直接やりとりすることなく」という表現があります。

サービスの設定を変更するために、わざわざサービス提供者に申し込みする必要はなく、ボタンやコマンド一発で設定変更できる、ということも、クラウドの1つの特徴と捉え、定義に含めているのです。

さて、5つの文書の中にあるクラウドコンピューティングの定義を見てきました。

「共有されたリソース」「ネットワークを通じて」など、共通な表現がいくつかある一方で、最後のNISTの例のように、特徴的な表現もあることがわかりました。

とくにNISTの文書は、3ページに渡ってクラウドコンピューティングの特徴が述べられているため、クラウドに関する業務をされている方は、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

クラウドって何?クラウドコンピューティングに関する定義をまとめてみた

カテゴリー: クラウド

「クラウド」という言葉が一般的になって久しいですが、いざ「クラウドって何?」「オンプレミスとは何が違うの?」と聞かれると、なかなか答えに困窮することがあります。

私もその一人で、「クラウド(クラウドコンピューティング)の定義を述べよ」と言われても少し困ってしまうので、今回は、いろんな組織が発行しているドキュメントから、「クラウドコンピューティング」の定義を抜粋してみました。

経済産業省のドキュメントの場合

まずは、経済産業省が発行しているドキュメントの定義です。

クラウドコンピューティング

共有化されたコンピュータリソース(サーバ、ストレージ、アプリケーションなど)について、利用者の要求に応じて適宜・適切に配分し、ネットワークを通じて提供することを可能とする情報処理形態

経済産業省(2013) クラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドライン

「共有されたリソース」「利用者の要求に応じて」という2つのクラウドの特徴が読み取れます。また、共有されるリソースについても、サーバやアプリケーションなどという例示を行っています。

暗にIaaSやSaaSといった、クラウドコンピューティングにもカテゴリがあることを示唆しているのかもしれないですね。

総務省のドキュメントの場合

続いては総務省のドキュメントを見てみましょう。

クラウドコンピューティング

利用者による共有が可能であり、利用者の要求に応じたセルフサービス提供と管理の機能を併せ持つ、拡張性と弾力性に富んだ物理又は仮想資源のプールに、ネットワークを通じてアクセスすることを可能にする情報処理形態

総務省(2014) クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン

先ほどの経済産業省の定義では「共有されたコンピュータリソース」という書き方が使われていましたが、こちらの定義では「共有が可能」という、やや広い表現となっています。

最後の「ネットワークを通じてアクセスが可能」というのは、経産省の定義と共通しています。

ぶっちゃけて言うと、「プール」や「拡張性や弾力性」などといった日常では利用しない単語が含まれており、正直わかりにくいです。

これは予想ですが、おそらくクラウドコンピューティングに関する国際規格であるISO/IEC 17788を参考にしたのではないかと思います。

ISO/IEC 17788の場合

ちなみにISO/IEC 17788におけるクラウドコンピューティングの定義は以下のようになっています。

「拡張性や弾力性」とは、scalable and elasticという意味だったのですね。

cloud computing

Paradigm for enabling network access to a scalable and elastic pool of shareable physical or virtual resources with self-service provisioning and administration on-demand.

NOTE – Examples of resources include servers, operating systems, networks, software, applications, and storage equipment.

ちなみに、この国際規格であるISO/IEC 17788は、JISによって日本語規格化されています。

それがJIS X 9401です。単純に日本語翻訳版だと思ってもらっても大丈夫でしょう。

JIS X 9401の場合

JIS X 9401には、クラウドコンピューティングの定義は以下のようになっています。

クラウドコンピューティング

セルフサービスのプロビジョニング及びオンデマンド管理を備える、スケーラブルで伸縮自在な共有できる物理的又は仮想的なリソース共用へのネットワークアクセスを可能にするパラダイム。
注記 リソースの例には、サーバ、OS、ネットワーク、ソフトウェア、アプリケーション及びストレージが含まれる。

JIS X 9401:2016 情報技術―クラウドコンピューティング―概要及び用語

総務省のお硬い日本語よりかは、少しわかったような気にならなくもない…という感じですかね。

ちなみに、クラウドの世界で言う「プロビジョニング」とは、サーバやメモリのサイズなど、自分が使える容量や能力を確保する事を言います。

つまり、「セルフサービスのプロビジョニング及びオンデマンド管理を備える」とは、誤解を恐れずにシンプルに言うと、自分たちでサーバのスペックや容量を設定・確保でき、需要に応じてその管理ができる、というニュアンスです。

アメリカ国立標準技術研究所のドキュメントの場合

最後に、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)におけるクラウドコンピューティングの定義を紹介します。

NISTは、そのものズバリ「The NIST Definition of Cloud Computing(NIST によるクラウドコンピューティングの定義)」というドキュメントを発行しています。本文部分は3ページぐらいの短い文書ですが、クラウドコンピューティングの特徴が簡潔にまとめられています。

もちろん英語の文書なのですが、幸いなことに、日本の情報処理推進機構(IPA)が日本語翻訳版を発行しています。

そちらの文書から、一部抜粋したものが以下になります。

クラウドコンピューティングは、共用の構成可能なコンピューティングリソース(ネットワーク、サーバー、ストレージ、アプリケーション、サービス)の集積に、どこからでも、簡便に、必要に応じて、ネットワーク経由でアクセスすることを可能とするモデルであり、最小限の利用手続きまたはサービスプロバイダとのやりとりで速やかに割当てられ提供されるものである。

IPA(2011) NISTによるクラウドコンピューティングの定義

前半部分は、今まで紹介してきた定義と似ていますが、特徴的なのが後半です。

同様の文書の中には「各サービスの提供者と直接やりとりすることなく」という表現があります。

サービスの設定を変更するために、わざわざサービス提供者に申し込みする必要はなく、ボタンやコマンド一発で設定変更できる、ということも、クラウドの1つの特徴と捉え、定義に含めているのです。

さて、5つの文書の中にあるクラウドコンピューティングの定義を見てきました。

「共有されたリソース」「ネットワークを通じて」など、共通な表現がいくつかある一方で、最後のNISTの例のように、特徴的な表現もあることがわかりました。

とくにNISTの文書は、3ページに渡ってクラウドコンピューティングの特徴が述べられているため、クラウドに関する業務をされている方は、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

Author: LRM株式会社
  • はてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
  • LINEでシェアする